<   2005年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ものもの臨時休業

e0045486_21311747.gif
多忙につき、ものもの画帖は2週間くらいのお休みをいただきます。
いつもご訪問下さっている方々、ごめんなさい。
再開しましたら、またよろしくお願いいたします。
[PR]
by monomonote | 2005-10-31 21:30
秋・アートの旅

e0045486_1255199.gif
先日おとなりの県、長野へ一泊旅行をしてきました。

主に美術館めぐりの旅で、安積野ちひろ美術館(ちひろ絵本原画)→武井武雄イルフ童話館(武雄作品、モーリスセンダック絵本原画など)→諏訪湖・北澤美術館(アールヌーヴォーガラス工芸)と、めぐってきました。どれもすばらしかった・・。



印象的だったのはちひろ美術館。
この美術館はちひろの描いた絵本原画のほか、世界の絵本画家の作品にも出会うことができます。また、絵本の図書室やカフェスペース、ミュージアムショップ、子どものプレイルームまでありました。
美術館を中心にぐるりと広がる広大な公園広場には、チェコの絵本作家パツォスカーのデザインしたオブジェと池があり、子どもたちが楽しそうに遊んでいました。きっと家族連れでくるととても楽しめるんだろうなぁ〜と思いました。

e0045486_1313682.gifちひろは子どもを生涯のテーマとして絵を描いていた人。ちひろの子どもへのあたたかい想いが美術館の作り方にも表されているように感じました。

でもやはり本物は、いい。私の中では、すこしはかなげでさらりとした印象だったちひろの絵が変わりました。深く、温かく、そして強さがありました。
もういちど、絵本よみなおしてみようかな・・。
[PR]
by monomonote | 2005-10-27 11:49 | ART
ちくちく、のまえに

e0045486_041012.gifちょこっとラクガキ。なにも考えず指のうごくままに描いたら楽しく描けた。
何日もかけて描きあげたものより、数分で描けてしまったもののほうが「いい」ときがある
絵って、 ふしぎ。





e0045486_0193982.gif
そして、ちくちく。ピンクッション作りました。むらさきフェルトとチェックの布の組み合わせ。

「わた」を入れるのが少し足りない感じになってしまったけど、手作りの味わいという事できにせず♪
そうそう、昔はわたじゃなく髪の毛入れてたりしたそうですね、チョットコワいかな〜。でも髪の油で、針のすべりが良くなるというメリットがあるそうです。なるほど。
[PR]
by monomonote | 2005-10-24 23:55 | HANDMADE
ベリーベリー*ブルーベリー


Bonne Mamaneのジャム瓶がかわいい。フタのチェックがキュートですね、カラーもいろいろあって楽しい。瓶だけでもほしくなります。

e0045486_2445050.gif


最近よくジャムを食べます。パンにぬったりビスケットにのせたり紅茶に入れたり。
ジャムの中ではブルーベリーが一番好き。ベリーの甘酸っぱさとつぶつぶ感に加えて、あの深い深い、赤みのある紫の色もすごくキレイだなぁ〜と思います。

家で作れたらおいしいだろうなぁ〜。外国のおばあちゃんが作るような、ベリーとすこしの甘味を使ったシンプルな味のジャム、おなべでコトコトゆっくり煮詰めて。やがてキッチンに甘い香りが漂っていって・・う〜ん、想像しただけで幸せな気持ちに・・。
イチゴのは作った事あるけど、ブルーベリーってはたしてどれだけ量がいるのかしら??
[PR]
by monomonote | 2005-10-22 02:50 | おいしい
夜のスイッチ

  
      ハチミツと檸檬をお湯で割って飲むとよく眠れるらしい
   そろそろ あの、とろとろとした心地よい眠りの誘いがこないかな




e0045486_29455.gif眠れないので意味なく起きています。

ときどきこんなふうに夜中になると目が冴えて調子良くなってしまいます。
調子よく=テンションがあがる、という訳ではなく夜中の時間に起きている事が居心地が良くてリラックスする、って感じでしょうか。
しん、とした無音の空気も好き。だれもが寝静まって無意識の世界に入ってゆくこの時間は、私には一日のなかでもちょっと特別な時間のように思えるのです。


都会に住んでいた頃は夜中でもとても明るくて、二階の窓から外を覗くと車も人も、普通に昼間のようにすれ違っていました。近くのマンションの各部屋もあちらこちら灯りがともっていて、ひとは目をみはって起きているようでした。明るい空からは星がすこしだけ、みえました。


いまの私の部屋の窓から見えるのは、夜の闇の中少しの外灯の光と遠くにみえる一件のコンビニの電灯。家々の窓は暗く、みな寝静まっています。
ときどき列車がコトコト貨物をひいてゆく音、静かな虫の声が聞こえてきます。空には南の方向にオリオン座が光ってみえます。

都会の夜も、田舎の夜もおんなじくらい好きです。

[PR]
by monomonote | 2005-10-20 02:28 | 日々のこと
小さな自分に逢った日

名古屋でひとり暮らしをしていたときのことです。地元の友人からふいに一通の封筒が送られてきました。
「幼稚園を卒園するとき閉じられたタイムカプセルが今年開けられました。その中には、その頃の自分が『しょうらいなりたいもの』を描いた絵がはいっていました。Kieちゃんの描いたものを同封します」
とあります。タイムカプセルの事、そのために絵を描いた事も全く記憶にもなかったから、びっくり!
さっそく開けてみました。その頃のわたしはどうやら
e0045486_0401442.gif

『幼稚園の先生になりたい(字はたぶん先生が書いてくれた)』と、思ってたようです。
泣きながら通っていた幼稚園の、空気や記憶がふわっと心によみがえって。なんともいえない気持ちになりました。
[PR]
by monomonote | 2005-10-17 23:08 | 日々のこと
チョコレィトは◯◯◯♪

最近身辺があわただしく、しなければいけない事が重なって、ちょっと疲れ気味です。疲れたときはあまいものが欲しい。ふだんはあんまり食べないけど、今日はむしょうに食べたくなりました。


e0045486_3214022.gifナッツの絵に惹かれて買いました。でも「ナッツ入り」かとおもったら、「ナッツクリーム入り」で。さらにパッケージからして、てっきりホワイトチョコかと思ったのに、普通のチョコでガックリ。
わたしホワイトが好きなのです。「ホワイトチョコなんてチョコじゃない!!」て正統派の人に言われた事がありましたが。

e0045486_3214565.gif冬になるとお店に並ぶチョコの数が急に増えて驚きますね。入れ替わりに新製品が出て、すぐに存在が消えてゆく商品もあり。

ずっと王道をいってるのは明治チョコでしょうか?(メリットシャンプーとかボンカレーと同じ位置づけ感・・)味もスタンダードで美味しく、昔からあまり変わらないパッケージもオシャレだなぁと思います。

そしてやっぱりチョコレートには、びりびりと剥くあの銀紙の存在があってほしいです。粒は最初からひとつひとつに分かれてなくて、銀紙の上からパキリと折って食べるのが、なお良い。これぞチョコって感じで。
それにしても昔は一箱イッキ食べ出来たけど、久々にたべたらちょっと胸焼けでした☆
[PR]
by monomonote | 2005-10-15 23:53 | おいしい
ビー玉と少女漫画


e0045486_124843.gifまあるくて、透明で、ガラスで出来たきらきらしてるもの・・・ビー玉。
キレイでかわいくって、ついつい欲しくなってしまいます。
ガラスのコップにいれて花の剣山代わりにしたり、金魚鉢にいれてもステキですね。
ビー玉って、本当はちゃんとしたゲームとしての遊び方があるって聞きました。ごろごろとどこへでも転がっていってしまうあの丸いものたちで、どうやって遊ぶのでしょう?
私はとっても知りたいです。


ビー玉を見ると、わたしは必ず「六月歯医者」という少女漫画を思い出します。
六月の梅雨時に、女の子の乳歯に生えるカビを治療するために訪ねてくる、不思議な訪問歯医者。
女の子は乳歯を抜かれるのがコワくてコワくて仕方ないのだけれど、ある日勇気を持って抜いてもらう。


すると「はい、抜けましたよ」と歯医者さんがさしだした手のひらには乳歯ではなくひとつのビー玉が光っていたのです。「抜けた乳歯は、ほらこんなふうにビー玉になるんだよ。」・・・というお話。ファンタジックで不思議な味がありました。
小学校の頃読んで、すこし大人になってからも読んで、今でも大好きなお話。作者はおーなり由子さん。今は絶版になっているらしく、悲しい・・コミックス持っていたのに、なくしてしまいました。
[PR]
by monomonote | 2005-10-12 01:42 |
どこかへいってしまったものたち

e0045486_2334187.gif


このヘアピン、おとついまでは確かにあったのに。只今彼女は失踪中です。
早く帰って来ておくれ・・。


いつのまにかなくしてしまうもの、多いです。ヘアピン・ボールペン・爪切り・耳かき・ベルト、などなど、いつもの場所に置いたつもりなのになぜか無い。
そして・・・
あると思われる第二候補の場所で探す(無い)→第三候補(無い)→大穴でありそうなところへ移動(無い)→ありえないところも探す・・・と、家中を探すはめになります。
あきらめていると、ずぅっと後になって他の探し物をしている時に「あ、これこないだ探してたやつ!」なんてタイミングでひょっこり見つかったりします。
ナゼでしょうね?もう私には、モノたちが勝手に隠れているとしか思えません。
みつかったものも、結局みつからなかったものも、沢山あります。


「さがしものが見つからない時は、一度ほうっておきなさい。それがあなたに本当の意味で必要なものならば、必ずまた会えるから」
と言ったひとがいました。なんだか妙に納得できました。
モノでも、人でも、もう一度出会うときが待っているんでしょうか。
いちど失っても、それが自分にとって本当の意味で必要なものであるならば?
[PR]
by monomonote | 2005-10-08 23:59 | 雑貨
まずはモチーフ編みから

e0045486_1514976.gif

母がずぅっと使っている、編み物の本。なんと昭和45年物です。流行もめぐりめぐって、あらためて今見るとなんだかちょっとオシャレです。


e0045486_15353397.gif


短い秋がすぎて寒い冬がやってくると毛糸ものが恋しくなってきます。子どもの頃は母お手製の毛糸のマフラー、手袋、帽子、果ては毛糸ぱんつなんかも編んでもらって着ていました。
母やおばあちゃん世代の人たちは、編み物や縫い物の手仕事がとても上手ですばらしいなぁと思います。飽き性で根気のない私には、編み物などはとても続かないなぁ〜と思っていたのですが・・。


最近、バイト先の手芸店で「モチーフ編み」なる本を発見。モチーフ編みは四角や三角形の「モチーフ」をまずいくつか編んでおいて、そのあとそれらをつなぎ合わせてマフラーやバッグなどを作るのです。柄の編み方もいろいろ載ってます。かぎ針1本で初心者からでも出来そうです。
私でもできるかな・・?今年の冬はちょっとモチーフに挑戦してみようカシラ?
e0045486_15354448.gif

[PR]
by monomonote | 2005-10-06 16:27 |