<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
前世を考えてみる。
e0045486_0375161.gif

「オーラの泉」の放送枠がゴールデン枠になると聞いて、「やっぱり」
と思った人、多いんじゃないでしょうか。もう最近では前世とかスピリチュアルなどという言葉も普通に聞くようになりました。

前世というものがほんとうに「ある」とすると、人との関係において私が今の世で出会ったり、これから出会うヒトたちはただ偶然にであっているのではなく、前世からの繋がりで会っているのだ、ということになるんだそうです。

親や友だち、シゴト仲間やかつてのクラスメイト、好きになった人やどうしても好きになれなかった人、なんだかしらないが初めからすごく気のあったひと、それらの出会いにすごく意味があったんだ、ということになる。できれば出会いたくなかった人も、お近づきになりたかったけど、かなわなかったひとも。。。
前世からの縁で何かしらの関係があったんだそうです?ほんとかな

そして自分の前世はいくつかあるらしい。タマシイ(魂)はそれまでに何度か体を入れ替えながら修行の旅をしているんだそうです。
まえの前世で足りなかったものを、今の私はちゃんと持ちえているんだろうか。魂、ちゃんと修行してきているんだか心配です。(というか私が入れ物なのか?)日々成長していきたいものです。修行不足で課題を来世に持ち越しされないように。
[PR]
by monomonote | 2007-02-19 11:34 | 日々のこと
ソフィアの「マリーアントワネット」

e0045486_17125189.gif先日、ソフィア・コッポラ監督作品「マリーアントワネット」を観てきました。
デビュー作の「ウ゛ァージンスーサイズ」のような映像世界を期待していたのですが、予想していた通りのカラフルでロマンティックなロココの世界でかわいらしかった。


ソフィアは王妃となってしまったマリーの戸惑い、孤独、恋愛と生きかたに重点を置いて描いていました。マリー目線で話が進んでいくため、少女チック的な表現がそこかしこにみられる感もあります。取り巻きたちと朝まで遊び明かし朝焼けを皆で眺めるシーンは、なんだかティーンエイジャーの青春ドラマのワンシーンのようでもあり。

フランス革命のこと、歴史的背景やベルサイユ内の確執、などについてはわりとさらりと描かれています。そこらへんに興味がある人にはちょっと物足りない映画かもしれませんが、今までにはない新しい表現や音楽は魅力的で、なによりソフィアならではの独特の世界=ガーリッシュな雰囲気が好きなひと は楽しめるんじゃないでしょうか。

個人的にはとっても好きな世界なので楽しめました。マカロン色のドレスや靴の美しさや、ずらりと並んだ、キュートな色とりどりのケーキやお菓子たちなどのアイテムは、みているだけで乙女な気持ちにさせてくれちゃうのです。

e0045486_1720320.gif

[PR]
by monomonote | 2007-02-12 17:28 | 映画・DVD