オードリーと雑誌とエンピツ

雨の日は映画が見たくなるもので今日はDVD「ティファニーで朝食を」を借りてきました。オードリーは昔から好きな女優。映画のなかの彼女のファッションを見るのも楽しみなんだけど、この映画はなぜかいつも途中で寝てしまう。今回は、と思っていたのにやっぱり寝てしまいました。

e0045486_151019.gif
観直すゲンキがでなかったので冊子に手を伸ばす。「すてきなあなたに秋冬おしゃれ編」。雑誌「暮らしの手帖」でのエッセィを抜粋した別冊版。さりげない、ふだんの暮らしのエピソードを、彩りあることばとおしゃれな視点で書かれていて、読んでいるとなんだか清々しい気持ちになってくる。イラストレーターの平澤まりこさんのカットがすてきなアクセントとなってページをパラパラとみているだけでも楽しめます。


気分がのってきたので久しぶりにえんぴつを動かしてみました。落書き2点。

e0045486_1685.gife0045486_162811.gif
[PR]
# by monomonote | 2006-11-27 23:37 | 日々のこと
アカルイミライ

どうしてきみはげんじつをみようとしないんだ
うすぎたなくてふけつだからか?
それは きみ しつれいじゃないか

きみのげんじつは
このわたしのげんじつでもあるんだ

きみがにげこめるさきはふたつしかない
ひとつはゆめのなか
もうひとつはどくぼうのなかだ


e0045486_22194429.gifなんとなく心が沈みそうなかんじがしたのでいままで観なかった「アカルイミライ
予想に反して後味はわるくなかった。
世の中を生きにくく思っていて、仁村(オダギリジョー)の感情の揺れや不安定な行動を「すごくよくわかる」と感じるひとはけっこういるんじゃないかと思う。

自分を解放するきっかけはいつでも自分のまわりにただよっているけれど、それに気付けないから苦しいし、苦しいからみえなくなるんだろうな。
[PR]
# by monomonote | 2006-11-21 22:46 | 映画・DVD
しんせつなごきんじょさん

シゴトから帰り、玄関の鍵を開けようとしたところ
ドアの前になにやらビニル袋に入った白いものが置いてありました。
それは皮をきれいに剥いた、サトイモの袋
まるで「しんせつなともだち」のように玄関に贈りものが・・・・

こんなふうにときどきご近所さんが畑で採れた野菜をおいていってくれます。
夏のあるひにはキュウリやとまと 秋のはじめはじゃがいも 先日はゆずが
当たり前だけどスーパーで買ってくるものより断然おいしいし、さりげなく置いていってくれる心づかいもうれしい。
さっそくサトイモの煮ころがしをつくって食べました^^
[PR]
# by monomonote | 2006-11-19 22:55 | 日々のこと
絵の描けない日々

きょうは和室の壁をさくら色にぬりかえました

家のあちこちを修繕しています。
先日は雨漏りの工事のために左官やさんがきてくれました。
自分の仕事に誇りをもっている職人さんのお話は面白い。
その方のホームページには、自身の仕事についての説明、施工例などが紹介されていてふだん職人さんの仕事の知識のない私も「へ〜、こんなふうに仕上げていくんだ」と感心しきり。
なかでも鏝絵(こてえ)とよばれる装飾の技はすばらしいものでした。

最近ではこの鏝絵、アートとして捉えられてきて、毎年静岡県で全国鏝絵コンクールなるものが催されているんだそう。昔から受け継がれている職人芸術ともいえるこのような日本の文化、今ではなかなか需要も少なくなってしまったようです。
こういうものこそ、ずっと続いていってほしいなぁ。
[PR]
# by monomonote | 2006-11-15 21:49 | ART
こわくてわすれられないえほん

e0045486_2301946.gife0045486_231224.gif


紅葉も色づいてきて秋も深まってきました。  
紅茶でも飲みながら、絵本をゆっくり読んでいたいな


探している絵本があります。
わたしが通っていた幼稚園では、毎週土曜日に紙芝居をよんでもらって、幼稚園の絵本を借りられるようになっていました。
ある土曜日、いつものように借りていく本を物色していると、一冊の絵本が目に止まりました。古風な絵の表紙で「にほんたんじょう」という題のその本は神の神話をもとにしたものでした。フシギで神秘的な内容に私はすっかりハマってしまったのです。
そして強烈に記憶にあるのはその挿絵。ちょうどページの真ん中の見開きには、目玉が顔中にいっぱいの、長い髪をうねらせた、化け物のような、神のようなとても恐ろしい怪物のようなものが描かれていました。

e0045486_2313270.gifすごくすごくこわくて、でもなぜだか何度もそのページをくりかえし見かえしていました。私はその本がすっかり気に入って家にお持ち帰りし、そしてあの化け物のページを毎日じっと見つめました。コワくてたまらないのに見入ってしまうのはなぜなんだったのか


手がかりが少なすぎて、あれからその絵本にはであっていません。絵本て絶版多いし。無いかもな・・大人になった今でも時々思い出す、「こわくてわすれられないえほん」。
[PR]
# by monomonote | 2006-10-29 23:13 |